宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

グレイ型宇宙人は何を食べて生きるのだろう

このブログは、希釈前の液体である。

このブログは、内省によって引っ張り上げてきたばかりの、すぐに死にゆく深海生物である。

このブログは、僕自身を鼓舞するために存在している。

このブログ、ではない場所に僕の言葉の居場所があるなら、僕はドロドロの液体に加水し、深海生物をソテーにして、気の利いた野菜なんかを添える必要がある。

まだ慣れないことだが、料理のように、同じことを繰り返すうちに、だんだんと簡単なことになってゆくのだろう。

 

僕が料理の店を持つなら、ファストフードなんてありえない(食うけど)頑固一徹でお客さんがビビってしまう感じの店もやりたくない(嫌いじゃないけど)

 

それならばどんな店を持てばいいか言語化したいところだけど、もう夜が明けて出勤時間が迫ってきたので急いで寝る。そう、このブログの定義を遡れば、ここで無理をする必要はないのである(!!!)