宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

熱・喉・鼻にメガ粒子砲

 

休みがない。

 

近々の僕の暮らしを端的に言えばその一言に尽きる。CMで、新聞やテレビの字幕が小さすぎて読めないと叫ぶ渡辺謙の如く、休みがぬぁぁぁいと叫びたい。

 

とうとう僕の属している班の全員が同じ症状の風邪を引いた。さっきユンケル飲んだ。

みんな弱っているけれど、再来週末まで休みはないらしい。

 

そんなこんなで書くのはなかなか進んでいない反面、帰宅後、休憩中、移動中に本はしっかり読んでいる。

今は、キューバ革命の反乱軍側の要人が書いた本を読んでいる。アメリカに興味があるし、好きだからこそ、対米の姿勢を貫いて戦った人の声やそうなった事情を知りたい。大切なのは視野とバランスだ。

 

やりたいことに100パーセントを注げないことが、しんどいっちゃしんどい。働きながらさっさと健康を取り戻すことが最優先事項だけど、せめて簡単な読書雑記くらいは書こうと思う。がんばる。

 

自分が体調悪い時は、他人が体調が悪いと嘆くのを聞くと、辛さをなんとなく理解できるけど、元気になるとなんかよく分からんことなる。