宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

グルーブ•アレキサンドラ

肌寒い夜はクライアントと現実との間に厚い厚い幕を引く。

アレキサンドラは西大陸の砂漠にいる。じっとりと汗を浮かべて、足の指の間、じゃりじゃりと、苛立つ。

ラジオの声、魚はプラスチックトレーの棺桶で眠る。

スーパーベースは宇宙からの超高音と同響する。存在と無の混在サラダ。

横浜の埠頭に引っ掛かるダリの口髭と海亀の目。

遠くから訪ねてきた近視眼的なプレタポルテ

大好きだ。社員の椅子を舐める。

爆発した吐息。

本日は規則性を保つ。

排水孔の竜巻がこちらに近づいてくる。

曾我兄弟は口を揃えて言った「あなたの番じゃありません?」

あるいはルクセンブルク、あるいは下甑島。

女の声がするので大きな窓に頬を擦り付けた。すると見えたのは紫色した豆ダルマ。

ニヤニヤしたギターサウンドがにちゃにちゃと耳にベタつく。止めてくれ止めてくれ止めてくれ。

目を抉り出したギリシャ悲劇の男が潰れた義眼片手にほくそ笑む。

23:09のゴリラやその耳。

クロック、クロック、クロック、クロック!クロック!

エントロピータウリン200mgで腐敗した脾臓

プーケットのコンクリートに噛みつく男は「もう一度」とつぶやく。

…妙な夜だった。通りはまるで閑散としていて、それでいて…