宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

湧き上がる

僕は書くことが好きだ。

文章による解放は地から解き放たれたイカロスに似る。

僕は書くことを仕事にしていない。

つまり誰も待ってやしないし、経済の信用のゲームに乗っかっていない。

それならば、尚更。

ほんとうに好きなことをするのに、反省はいらない。

誰かにとって文章が下手だろうがそれは一切関係がない。

いまはその段階。ほんとうであり続ける期間。

それは図鑑の写真を指でなぞる子供。

それは「なんでも好きなものを描いていい」と言われて、好きなものを描けていた頃。

頭の中の意地悪な級友と出会う前の昔に立ち返ろう。