宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

クソ文上等☆

 4月27日。火曜日。

 朝起きてうんざりした気持ちを抑え込みつつ百貨店で少し働いてから、昼にフランス語の講座を受けに行った。仕事の合間を縫って勉強するのは、明治時代に貧しい農村から上京してきた苦学生の気分に浸れるので実に楽しい。まあ、現実はいい歳こいたアラサーなのだが、そこは持ち前の妄想する力を最大限に発揮し哀しい現実を虚構に紛れ込ませて有耶無耶にする。いや、自己欺瞞はあまり良くない癖だ。アラサーでもどうだっていいじゃないか別に。もっと自分の在り方そのものを誇り、毅然としている方がいい。

 最近ぶつぶつと御託が過ぎる。軽い気持ちの日記なのだから、もっと気楽に書こうじゃないか。

 今日は昼に豚丼を食べた。いつも食い終わった後に二度と行かねえと思うのだが、御茶ノ水駅で降りると頭の中が勝手に豚丼を食うことを行動計画の中にセットしてしまっている。タレが美味い。しかし明らかに栄養が偏っているし糖質祭りだ。太りたくない…でもタレが米に合う。どうしても食ってしまう。敬虔な信徒が天使に手を引かれるかの如くやすやすと疑いもせず幸福感に満ち溢れて主の待つ階段を登ってしまう。その店の名は豚野郎(ガチ)

 さて、悩んでいるのは今日の晩飯だ。昼にそんなギルティなものをたらふく食ったのだから、晩飯こそ節制しなくてはならない。二郎に入ってヤサイマシマシアブラナシメンナシスープナシと声高らかに叫ぶくらいの気概で挑まなくては貪食の罪は洗い落とせないだろう。アーメン。貪食の免罪符23,500円〜

 冷蔵庫にあるものは手羽先、挽き肉、卵。常温保管の食糧は米、未開封のビニールの中ですくすく成長を続け未知なる形態変化を遂げる玉ねぎ、食い飽きた袋麺。うーん、何食べよう。友達と電話で喋ってたらスーパーはとっくに閉まってしまった。コンビニに行けば間違いなく爆裂高カロリー高コスト不健康眠くな〜るメシを食ってしまうので絶対に行っちゃ駄目なのだ。コンビニ飯と日高屋は食った後のテンションは横ばいのままか下降する。生活の質がデフレスパイラル

 そこで僕に浮かびし選択肢は3つ。1、食わずに寝る2、家にあるもので何か作る。米は炊かない。3、コンビニに走る。結局食いたいものを食う。明日は久しぶりの休みなのだが、今かなり眠たいので食わずに寝るのが最善の策かもしれない。しかし、最善の策というものは選ばれないのが世の常である。劉備だって孔明の策をなんだかんだ渋って採らなかったりするし、結構そういう光景見るよね。そんなこと言ったって行動に移したり嫌われたり責任取るの俺じゃんかー、嫌だよー。みたいな笑

 いかん、また自虐的で厭世的な話ばかりになる。明日まじで休み何しようかな。楽しみにしていた美術館も映画館も軒並みアウト。どうすればいいんだろう。童心に帰ってガンプラ作ってブォ〜ン!とかブビュュュン!とか何ぃ!後ろかっ!!とか1人で叫んで遊ぼうかな〜!!

 寝て過ごすのはつまらん。ゲーム機は友達にあげた。家にはwifiもないので効率の良い作業もできない。やっぱガンダム作るしかないか。浮世の煩わしさを全て忘れて明日僕はモビルスーツパイロットになるんだ!たーのしみだなー!