宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

微兆

5月3日。月曜日。

バイトだった。昨日は東林間まで行って稽古を見に行った。

今回は脚本も書いてなければ演出もしない。過去作に関わっていただけの単なるゲストとして立ち会った。実にお気楽なものだ。

ただ、お気楽気分だから見えてくるものも多かった。なんの役割も求められていないからこそ、半ば透明人間となってじっくりと考え、観察することができたのだ。稽古場で役者をダレさせないためにはどうするか、演出は何を見て何を言うべきなのか、いかに振る舞うべきなのかなど。伊丹万作の演技指導草案を読んだ甲斐も少しはあったようだ。それは映画用に書かれたものであるにせよ、役者という生きた人間と向き合って仕事をしてきた男が経験から抽出したノウハウであるから、間違いなく本質を見ようとする意識は養われる。

帰り道、ああ、僕は成功したいんだなと思った。コンシェルジュ付き豪邸住みのセレブになりたい訳ではない。じゃあなに?仲間や別れた恋人や道ゆく人たちからリスペクトを得ることか?下らないけどそうかも知れない。しかしそれは底なしの甕で、一時的に濡れることはあれど、決して満たされることはない。すぐにまた乾き欠乏して苦しむ羽目になる。まるで袁術の最期のようだ。成功…。僕はもう耐えきれない。何が成功かもよくわからないのに、早く成功したくてたまらない。それはきっと、僕が幼い時から母はきっと僕は成功すると、ことあるごとに言い聞かせ信じさせたからだ。一体何をして成功するのかまでは教えてくれなかった。

伸びた爪が指先を覆っている。切りたいがどこにも爪切りがない。

小説集の第1集の第1作はコラージュにすることにした。小説という形式にハマるか甚だ疑問だがもう絶対に覆さない。逃げちゃダメだブレちゃダメだ諦めちゃダメだ。自分を信じていなくちゃダメだ。

寝る前に出汁パックを使って水出しコーヒーを作り翌日水筒に入れて持ち歩くのにハマっている。いい感じだ。

そういえば近々インスタもやめちまおうと思っている。大切にとっておくに値するものなんて本当は何にもない。そうすれば、最後の牙城はラインだけになる。こいつをよすにはまだまだ時間がかかりそうだ。

明日はバイクの修理。まだまだ時間がかかりそうだがどうにか今月までには終わらせたい。不精な僕を嘲笑うかのように、この頃ツーリング日和が続いている。