宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

きっさのさかな

食われるためか

みられるためか

わかりませんが

わたしはここが

しぬばしょです

わたしはいつも

ながめています

くちをぱくぱく

あけしめしては

かべのむこうを

ながめています

ときどきだれか

わたしをおって

きがすんだらば

しらぬかおして

わらっています

わたしもだれか

おいかけようか

だれかめいわく

するんだろうか

かんがえながら

ながめています

くちをぱくぱく

あほうのように

あけしめしては

かべのむこうを

ながめています

食われるためか

みられるためか

ほんとはどうか

わかりませんが

とにかくここが

わたしのいばしょ