宇宙をぶらぶら漂流中

時松功平です

駄目です

面倒なことを山積させている。

今夜一気にやっちまおう、今夜中に終わったら明日は一日中ふざけていよう、なんてことを考えていた。

バカだった。つい先日ぼくは『風の便り』に感銘を受けたと書いたばかりだというのに。

「これを一つ書いたら、当分威張って怠けていいなんてふざけている」をそのまま実行している。

ぼくは馬鹿だ。たゆまず進む才能がない。

ああ、歩むように。歩むようにだ。眠くなるまでそろそろ書いて、起きたらまたそろそろやる。たったこれだけのことなのだが、、

夜になったらやるだろう。家に誰もいなくなったらやるだろう。飯を食ってひと眠りしたら最高の集中力でこなすだろう。

ぼくは馬鹿だ。やりゃしない。

己が馬鹿であることを知れただけでも御の字だ。

もう二時だ。